北海道の電力事情と電気料金

 

北海道の電力事情と電気料金

 

2016年から日本国内で電力の自由化が始まり、今まで決められた会社でしか売られていなかった電気が、多くの会社が売るようになりました。我々消費者は、そのいろんな会社の中から自分で自由に会社を選び契約することができるようになりました。販売するほうは、顧客を確保するために経費を削減して電気料金を安くしたり、いろんなサービスを行ったり、大変です。その恩恵を我々が受けることが出来るのです。この機会におとくな電気販売会社から電気を買うようにしましょう。さて、電力自由化は国内すべてで実施されています。北海道の事情はどうでしょうか。

 

。北海道というとイメージするのが、厳しい寒さですね。きっと電気の消費量も多いことですから、この電力自由化は大事な問題となっていることでしょう。おまけに広い面積ですし、全国で8番目に多い人口がいます。相当な電気が消費されているんじゃないかと想像します。しかし、実際はそうでもないのです。一番気になる暖房に関してですが、電気を使うことは少ないようです。電気よりガスに頼っているようです。そのガス料金ですが、都市ガス、プロパンガスも全国的にもっとも安い値段なのです。またガスの他に灯油も利用しています。暖房に関して電気を使うケースは意外にすくないのです。今回の電力自由化もそうですが、まずは暖房に関して電気を使わないことが電気料金を抑える方法と言えます。その上で、自分に有利な電力会社を選び、契約することが大事と言えるでしょう。