青森県の電気事情と今後の自由化の影響

 

青森県の電気事情と今後の自由化の影響

 

青森県は寒いイメージがあります。電気と言うと、やはり暖房に関連しての消費が多いようです。青森も北海道と同じく寒い地方ですが、北海道と比べると電気の使用量がかなり多いのが目立ちます。これは暖房の方法による違いのようです。北海道の暖房と言うと、ガスや灯油が主体なんだそうです。電気を使った暖房はあまりしないそうです。青森はどうでしょうか。青森は北海道と違い、電気に頼っているようです。ここに電気使用量の違いがあるのですね。

 

こうなると、電力の自由化になった今年、青森に住む人たちにとっては大変大事な年と言えますね。電力の自由化で、いろんな会社が電気を販売します。プランを適切に選べば多くの人が電気料金を安くできるのです。暖房で沢山電気を使う青森の人はこの機会に電気料金を見直すことが、家計を楽にすることに繋がります。今までは、既定の電力会社から電気を買っていました。青森県は、かなり電気代が高い県でした。

 

なんと、47都道府県中6番目だったそうです。これからは、自由に会社を選べますからかなり安くなるのではないでしょうか。年間の電気料金はかなり安くなります。またこの機に暖房の方法も見直してみるといいでしょう。北海道のようにガスや灯油を使うのです。ガスにいたっては、青森県のガス料金が全国で2番目に安いですから、利用価値は高いですね。暖房の方法、そして電力会社を改めて考えて、家計を楽にするようにしたいものですね。