電力の自由化が始まりました。

 

電気料金の安い電力会社を探すには?【電力自由化対応版】

 

2016年よりいよいよ日本でも本格的に電力の自由化が始まりました。新聞やテレビなどでの報道を見たりして何となくわかっているひともいるでしょうが、実際にどこがどのように変わるのか、理解している人は少ないのではないでしょうか。今までは電気と言えば、地方ごとの電力会社から当たり前のように、電気をひてもらい、使い、お金を支払っていました。しかし、これからは、自分で電力会社や電力販売会社を選んで、契約することができるのです。選ばれる立場となった今までの電力会社をはじめ、新しく参入してきた会社も含めて、顧客を獲得しなければいけません。そのために、各社相当なサービスを競って実施しています。またキャンペーンなどもいろいろ行っていますから、一度チェックしてみるといいでしょう。これまでに無かったような新たなお得プランやサービスがありますから是非利用したいものです。実際に約25社が提供する料金プランですが、その数は100を超えています。どれもが今までの料金プランよりもお得になっています。今までの自分が住んでいるエリアの電力会社から電気を供給してもらう、という仕組みが撤廃されたのです。なんだか、不便と感じる人もいることでしょう。もちろん、そのまま今までの電力会社から電気を供給してもらえば、何も変わらずいいのですが、この機会に各電力会社の電気料金や料金設定などを詳しくみていきましょう。今私たちは、好きな電力会社を選べる有利な立場にいるのです。少しでも毎日の生活にかかる費用を抑えることも可能ですから、積極的にこの電力自由化を利用しようじゃありませんか。

世帯に合うプランを選ぶことが大事です

 

電気料金の安い電力会社を探すには?【電力自由化対応版】

 

今まで当たり前に請求された金額を支払うのが常識だった電気料金が変わるのです。多くの会社が電気を販売することで、自由競争が激しくなり、我々消費者にとっては大変ありがたいことに、電気料金が今までより安くなるようです。是非この機会に有利な電気販売会社と契約して、毎月の電気料金を下げましょう。この時に注意したいのが、世帯別の料金設定です。あなたの家族構成はどうなっていますか。それに一番合うプランを選ぶ事で有利に電気料金の設定ができるのです。まずは世帯別に、大体年間でどのくらいの節約ができるのかみていきましょう。一律5%節約できるとして見ていきます。年間の電気料金です。

 

1人世帯の場合・・・・・今の電気代が50388円だった場合、2519円安くなります。

 

2人世帯の場合・・・・・今の電気代が111300円だった場合、5565円節約出来ることになります。

 

3人世帯の場合・・・・・今の電気代が130188円だった場合、6509円安くなります。

 

これは5%での計算です。年間にすうとこのように大きく金額が変わり、随分節約ができ、家計は大いに助かるのです。

 

新電力というのは、コスト削減に努力して金額を下げるようにしています。だいたいは1〜5%ほど値下げされると予想できますが、中には10%値下げの所もあります。注意したいのは、乗り換えたことによって値上げしてしまう場合です。特に注意が必要なのは、1人世帯とオール電化にしている家庭です。このケースでは逆に値上げしてしまうケースが多いのです。慎重にプラン選びをしてください。何もしなければ料金は変わりません。うまくこの自由化を利用して電気料金を下げましょう。

電気の地産地消「地域新電力」

 

電気料金の安い電力会社を探すには?【電力自由化対応版】

 

いよいよ始まった電力の自由化。一般消費者にとっては電気料金が下がるチャンスです。今までの電力会社との契約を見直して、すこしでも毎月の電気料金を少なくしたいものです。かたや企業にとっては、今まで電力会社が独占していた電気の分野の自由化で、利益を得るチャンスが到来したのです。電気関連の会社はもちろん、全く他業界からも沢山の企業が参入してきています。今電力業界が動いているのです。

 

そんな電力自由化ですが、大手電力会社の他に小売事業を目的とした新電力があります。そして、地域新電力が加わってきているのです。「地域新電力」は、あまり聞いたことがない言葉ではないでしょうか。この「地域新電力」というのは、電気を地産地消することが大きな特徴と言われています。野菜などと同じで、電気もその土地で作られた電気を、その土地で消費するということです。この「地域新電力」の魅力はなんでしょうか。

 

一つは、環境に優しいことが挙げられます。多くが太陽光発電などの再生可能エネルギーで発電しています。自然な電力と言って良いでしょう。害になる、二酸化炭素などを排出することがありません。

 

もうひとつ、地域で作る電気ですから、その地域を振興できるのです。バイオマス発電などは林業の振興が期待できます。地場電気で地域を活性化させることが出来ますから、地域が潤うというわけです。こんな魅力的な地域新電力ですが、難点もあります。

 

それは、料金が高いことです。経費削減などが難しいこともありますし、スケールメリットがありません。ただ、環境のため、地域のためを考えるならば、地域新電力を利用することはとても大事なことと言えるのです。電気料金が高くても、地域振興が町を豊かにし、結果あなたを豊かにするからです。高い志を持って、地域新電力を利用したいものですね。

乗り換えできない地域もあるのです

 

電気料金の安い電力会社を探すには?【電力自由化対応版】

 

2016年より始まった電力自由化は、今までの電気料金を安くできるという事で、日本の多くの方が注目しています。沢山の電気販売会社が誕生して、価格競争も激しいものがあります。価格だけでなく、いろんなサービスもありますから、我々消費者にはうれしい限りですね。しかし、この電力の自由化ですが、実は全国すべてが自由に電気会社をのりかえできるというわけではないのです。一部地域では乗り換えできないところがあるのです。のりかえ出来ない地域と言うのは以下の条件に当てはまるところです。

 

○発電設備が乏しいこと。

 

○送電網の関係により、外から電力を持ってくることが不可能であること。

 

この条件下では電気の自由化の恩恵は受けることが出来ません。具体的には「沖縄県」、「離島」、「北海道」の一部地域です。ます送電線が繋がっていないことには、本州からの電気が送れません。またこの地域には、乗り換えできる電力会社がないのです。これでは仕方がありません。ただ、考え方として、このたびの

 

電力自由化の影響が無いというのは、今まで通り地域の発電を利用した生活が送れるということです。騒がしい問題に巻き込まれることなく、落ち着いた生活が送れると言えるのではないでしょうか。

電気料金が安い電力会社に加入しましょう

 

電気料金の安い電力会社を探すには?【電力自由化対応版】

 

電力自由化で、新規参入してきた会社などは、既存の電力会社にはないサービスやキャンペーンはもとより、お得なプランを提供しています。この機に今までの電気料金を見直して安い電気会社と契約したいものですね。ただ新しいプランだけでも100位あるそうですから、簡単に比較できるものではありません。そこで、特に電気料金が安い電力会社をいくつかご紹介していきましょう。是非参考にしてください。家族構成やライフスタイルなどで、それに適しているプランがありますから、その参考になることでしょう。以下、安い会社です。

 

「ENEOSでんき」・・・あのガソリンスタンドで有名なENEOSの電力販売会社です。ここでは一人世帯の場合、約206円ほど節約できます。この会社の魅力は何といってもガソリンなどの割引です。会員になればかなりのサービスが受けれます。詳しく言いますと、ガソリン、軽油、灯油がリッター1円引きされるのです。ただし、
しばらくは東電エリア内のみでの展開です。

 

「イーレックス」・・・こちらも一人世帯の場合は、約1202円の節約が可能です。ちなみに四人世帯になると、約8068円ほど安くなります。

 

「HTBエナジー」・・・大変電気料金が安い電力会社です。一人世帯あたり、約2520円の削減が可能になります。

 

これらはプランに加入した額ではなく、契約して利用した電気料金での節約代です。更にプランに加入すれば、更に電気料金を削減できるかもしれませ。迷った時にはまず、上記の3社をチェックしてみましょう。

各社のサービス、キャッシュバックに注目してみる

 

電気料金の安い電力会社を探すには?【電力自由化対応版】

 

2016年からの電力自由化。これは私たち消費者にとり、大変ありがたい制度です。また、新規に参入する企業にとっても、新たな利益を生むこの制度は歓迎でしょう。新規参入の会社を含めて、電気料金のプランが100くらいあるそうです。この中から、一番お得な会社と契約するのが理想ですね。ただ、それらプランすべてを比較するのは大変ですね。「エネチェンジ」などの比較サイトを利用して、自分の家族構成やライフスタイルにあった会社、プランを選ぶといいでしょう。

 

各社本当にいろんなサービスを行っていますから、見ていて楽しくなるくらいです。そんな中、キャッシュバックをしている会社もあります。契約することで、お金が貰えるキャッシュバック。大変興味深いですね。よく、パソコンなどを電気量販店などで、購入する時に、キャッシュバックがありますね。それと同じです。電力自由化は、サービスの競争でもあります。そう、キャッシュバックも、金額での競争があります。以下、代表的な会社を紹介しましょう。

 

「ENEOSでんき」・・・キャッシュバックの金額、2000円。2016年3月末までに申し込みをすれば、4月からの料金が割引になるサービス有り。

 

「イーレックス」・・・キャッシュバックの金額、3000円。「価格.com」というサイトから申し込む、JCBギフト券も付いてきます。

 

キャッシュバックひとつとっても、いろんな会社が行っています。あなたは、どんなサービスを望みますか。キャッシュバックの金額だけにとらわれていてもいけませんね。肝心の電気使用料金が毎月高かったなら、キャッシュバックの意味がないですね。キャッシュバックがなくても、毎月のdんき料金が安い会社のほうがお得というケースもあるのです。いろんなサービスがありますが、トータルで考えることが重要なのです。

ポイントカードの点数が貯まる電力会社もあります

 

電気料金の安い電力会社を探すには?【電力自由化対応版】

 

今の世の中、カード社会と言えますね。誰もが、何かしらのカードを持っているのではないでしょうか。そんなカードは使うことでポイントが貯まるとうれしいものですね。どんどん貯めて、いつかまとめて使うのを楽しみに買い物をしている人は少なくありません。そんなポイントカードを利用したサービスを提供しているところがあります。電力自由化で、これから会社を選ぶ際にも、ポイントカードに点数が貯まることは、魅力のひとつと言えますね。具体的にどこの会社が行っているのか。代表的なものを紹介しましょう。

 

 

「Tポイントカード」・・・人気のカードですね。いろんなお店を利用する際にポイントがつきますが、電力も対象になるのです。ソフトバンクと「東京電力」とが提携して様々なサービスを展開しています。
「カルチュア・コンビニエンス・クラブ」とも手を組み、その利用範囲は益々増えています。

 

「PONTAカード」・・・このカードは大手コンビニチェーンのローソンで利用できることからかなり知名度があるポイントカードですね。電力自由化で、「PONTAカード」がドコモと「東京電力」の仲介するような形で実現されるサービスです。同じ「東京電力」ですが、「PONTA」と「Tポイント」どちらかを選ぶことになるわけです。電力会社との間に入る会社が、サービスに工夫をこらしているのですね。

 

「楽天スーパーポイントカード」・・・楽天のカードです。これも知名度が高く、利用している人も多いことでしょう。「楽天」では、電気だけでなく、都市ガスについても様々なサービスを展開していくようです。

 

このようにカード会社の動きも注目ですね。電力自由化で、いろんな会社が活発に顧客獲得に動いています。あなたが持っているポイントカードも、どこかの電力会社と提携しているかも知れませんね。一度チェックするしてみましょう。

セット割引で電気料金を下げることもできます

「電力自由化」で、電気料金を今までより安くできるチャンスが来ました。周りには、意外に無関心な人が多いことにびっくりします。毎月の電気料金がほぼ安くなるのに、何もしていないのです。勿体ないことですね。しかし、その人たちの言い分も良く理解できるのです。何をどうしたらいいのかわからないと。

 

どこに申し込めばいいのかわからないと言うのです。その状況がとてもよくわかります。新規に参入してきた企業を合わせて、プランだけでも100種類はあるのですから。そこからひとつに絞り込むのは骨の折れる作業でしょう。そこでおススメしたいのが「セット割引」もです。既に何かしらの企業と契約している方がほとんどでしょう。例えば携帯電話、スマホやインターネットプロバイダー。最近は、これらの会社が電気を一緒に契約することで、割引をしてくれるのです。

 

今はほとんどの方が何かしらの端末を使用していることでしょう。その会社に申し込むことで、電気料金が割り引かれるのです。とても簡単ですね。電力自由化は、乗り換えも自由ですから、わからなければまずは、携帯電話会社と契約するのもいいでしょう。それから、じっくりと新たに電気会社をチェックしていけばいいのです。よりお得なプランが他社で見つかれば、そこに変更すればいいのです。セット割引の便利なのは請求書が一つにまとまって届くという点も挙げられます。

 

あなたの周りには、携帯電話の他にセット割引が出来る企業があるのではないでしょうか。例えば、「都市ガス、プロパンガス」。ガスと電気。同じライフラインとしてのセット割り。これも便利ではないでしょうか。

 

最近は「スーパーマーケット」や「コンビニ」とのセット割引もあります。車を所有している人ならば、行きつけのガソリンスタンドの会社にセット割りがある可能性もありますよ。いろいろありますから、今一度、自分が契約している会社を調べてみるといいでしょう。

更新履歴